店長ブログ | 埼玉B級グルメ!!

埼玉B級グルメ!!

2021/02/22 16:34

【豚みそ丼・秩父市】
野さか

最近では秩父エリアの名物グルメとして、よく見かけるようになった「豚みそ丼」。
その発祥のお店といわれているのが【野さか】です。
元々、秩父では猪肉や豚肉を保存するため味噌漬にしていたのですが、
それを活かす形で丼料理にしました。
店内には券売機が設置されています。西武秩父駅からは歩いて3分ほど。
この「豚みそ丼」、実はロース肉とバラ肉がミックスされています。
初めて訪れたのなら、両方を楽しめるこちらがおすすめ。
並盛のほか、大盛、2倍の量がある特盛も注文可能。
肉の種類による食感や味の違いを確かめてみましょう。
あらぎりわさびや、生卵のトッピングも用意されています。

【武蔵野うどん(肉汁うどん)・さいたま市西区】
藤店うどん

うどんといえば香川県ですが、実は埼玉県も生産量上位にランクイン。
特に麺が太めで食べ応えのある「武蔵野うどん」を提供するお店が多いです。

なかでも特に人気は【藤店うどん】。JR西大宮駅から歩いて25分と距離はありますが、
名物グルメを求めて多くのファンが集います。近くにバスの停留所もありますよ。
お店の一番人気メニューは、「肉汁うどん」。国内の最高級豚肉を使用しています。
麺だけでもかなりボリューミーなのに、汁も具だくさん。
ちなみに麺は並・中・大の3サイズ(値段は異なります)用意されていますよ。
「きのこ汁うどん」も人気メニューの一つ。
シイタケやエノキがたっぷりと入っていますよ。
汁がヘルシーですから、揚げ物をプラスしても良さそう。
かきあげ・ちくわ天などを追加して、さらにボリュームをアップさせましょう。

【うなぎの蒲焼・さいたま市浦和区】
鰻 むさし乃

うなぎが浦和の名物食材?と思われるかもしれませんが、江戸時代は沼地が多く、
たくさん捕れていたとか。近年では他県から運んできますが、
浦和にはうなぎ店が多数残っています。
そのひとつが創業して60年以上の【鰻 むさし乃】で、
お店の場所はJR浦和駅東口から徒歩4分ほど。
「食べログ うなぎ 百名店」に選定されています。
「新仔鰻重」は稚魚の段階から出荷まで、同じ池の中で育てられた最高級品です。
口の中に甘みと旨みが広がり、この上ない幸せなひと時が訪れます。
一度食べたら「また訪れたい…」と思わせる逸品。
白焼きとして味わうのもおすすめ。
御飯と吸い物、お新香付きのセットで注文することもできます。
ちなみに浦和では、毎年「うなぎ祭り」が開催され、
JR浦和駅前には「浦和うなこちゃん」像(やなせたかし氏作)が建立されているので、
帰りがけに見てください。

ぜひ食べてみてください!

 

コメント投稿

お名前

コメント