店長ブログ | 女の子のための「ラブホテルの入り方・使い方」

女の子のための「ラブホテルの入り方・使い方」

2021/01/13 09:30:17

こんにちは☆
 
ラブホテルの入り方や使い方を知っていますか?
ラブホテルは入店方法・料金の支払い方法・部屋の選び方や使い方・チェックアウトする方法まで、普通のビジネスホテルとは何もかも違います。一般人は何の知識も無いと思いますが、知っていないと恥ずかしい思いをしてもらうもの。
今回はデリヘル嬢がラブホテルの入り方・使い方を分かりやすくお届けします。少しだけ、デリヘル嬢視点が入っていますが、相手を恋人に当てはめて考えてみてください!
 
ラブホテルへの入り方
では、実際にラブホテルに到着してからの入り方についてご説明します。ひとりでラブホテルに入るだけでもドキドキしますよね。
ラブホテルに入るだけでもやましい気持ちになりますし、しかもカップルではなく一人…。
ガレージ一体型のラブホテルなら誰にも見られず駐車場から入ってすぐに客室につながっているので「知り合いに鉢合わせしてしまう」リスクはほぼありません。入り方もガレージからつながった客室なので入り方は簡単です。問題は大半のラブホテルが普通のビルと同じ構造であることです。
ただ入り方はビジネスホテルと同じように難しいことはありません。
男性は最初に部屋の選択と料金の支払いが必要ですが、待ち合わせならフロントで止められる心配もありませんから、入り方もスムーズに出来ます。ラブホテルの入口から普通に入って、ご予約時に聞いているお客様の入室されている部屋番号を目指すのみ。
お部屋は先に男性がチェックインされていますから、特にフロントに何か手続きをしなければならないなど面倒なことはなく、2階建て以上のラブホテルならエレベーターで上がる、1階であれば廊下を歩いてお客様のいるお部屋の部屋番号に向かうだけです。
ラブホテル側も風俗利用客や風俗嬢の出入りがあることを普通に見ていますので「女性ひとりでラブホテルに入っていくなんて」と不安に考える必要はありません。
 
お部屋の前に到着したら
ドキドキしながらラブホテルに入り、男性の待つお部屋の前まで到着したらチャイムを押して、ドアを開いてくれるのを待ちましょう。ラブホテルの客室のドアは精算が終わるまでロックがかけられている場合もあります。
古いタイプのラブホテルの場合はビジネスホテルのように男性が鍵を開ければドアを開けられますが、中からオートロックがかかっているタイプのラブホテルはドアを開けてもらうまでに時間が掛かったりします。男性がフロントに連絡を入れてドアを開けてもらうまでの時間です。
もしチャイムを押したりドアをノックしてもすぐに開けてもらえない場合は、慌てず1分くらい待ってみましょう。深夜の場合はお客様が寝ている場合も想定できます。
またチャイムやノックの音がお客さまに聞こえない場合もあります。中から物音が一切しない、1分待ってもリアクションがないなどの場合はお店に連絡を入れましょう。
お客様のお部屋に無事に入ったらお店の決まりの入り方通りにインコールを入れます。お部屋に入室できた時点で電話する方法を取るデリヘル~お客様にコース料金をいただいてから電話する方法のデリヘルと「入り方」がそのデリヘルによって様々異なるのでインコールを入れるタイミングや入り方の詳細は入店したらお店に確認しましょう。
 
いかがでしたでしょうか?
確かにちょっと抵抗する気持ちは分かりますw
私も嬢やってたとき抵抗してましたもん(拳で)
ではバイチャ(*^-^*)


 

 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

アダルトブログランキング
 
風俗のブログランキングへ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 


 

コメント投稿

お名前

コメント