店長ブログ | 気抜いてお家でもスッピンでいたりしない?

気抜いてお家でもスッピンでいたりしない?

2020/07/28 20:59:34



家から出ない日はすっぴんが
肌に1番良いと思っていませんか?

実は、家の中でも日焼けをすることが。
そのため、正しくUV対策する必要があるんです。
2つのこわ~い光に気を付けて!

家の中にいるのに日焼けをするなんて信じがたいですよね。

その主な原因となるのが、
・紫外線の1種である“UVA”
・可視光線に含まれる“ブルーライト”
の2つの光なんです。


太陽光線には主に
紫外線・可視光線・赤外線の3種類があって、
波長が長いほど皮膚の奥まで届き、
肌の老化を招く原因になると言われています。

おうちで浴びる可能性のあるUVAと
ブルーライトは、屋外で浴びる紫外線の
1種であるUVBよりも波長が長いのです。

肌の光老化の主な原因となるのは、
太陽光線に含まれる、紫外線(UV-A、UV-B)と
ブルーライト、近赤外線です。それらの光は、
波長が長いほど、肌の表皮・真皮・皮下組織
まで届き、肌を老化させます。

UVAとブルーライトはしわやたるみ、
シミ、くすみなど簡単には改善できないような
ダメージを与える、とても恐ろしいものなのです。

そのため、家の中でも対策は必須なんです。

 
 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

アダルトブログランキング
 
風俗のブログランキングへ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 


 


紫外線の95%を占める“UVA”

ゆっくりと肌を黒くするUVAは、
紫外線の95%を占めているんだとか。

雲や窓ガラスも通過してしまうため、
屋内でも浴びている可能性があるんです。

UVAは、地表に届く全紫外線のうち
約95%を占めます。

それ自体のエネルギーは弱いものの、
照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。

波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも
透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも
呼ばれます。UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、
シワやたるみを引き起こします。




■どうやって対策する?

日焼け止めのSPFはUVBの防止機能を、
PAがUVAの防止機能を表しています。
そのため、お家で使う日焼け止めを選ぶときは、
PAを気にするようにしましょう。

また、毎日使うものなのでできるだけお肌に
負担の少ないものを選ぶのをおすすめします。

私たちが浴びることの多い“ブルーライト”


スマートフォンやパソコンから出るブルーライトは、
UVAよりもさらに肌の奥へと届いてしまいます。

メラニン色素を発生させ、
色素沈着を引き起こす恐ろしい光なんです。


■どうやって対策する?

内側からのアプローチも大事なんです。

ほうれん草やブロッコリーなど、
抗酸化作用の高いルテインを含む食材を
積極的に摂取するようにしましょう。
緑黄色野菜の中でも、とくに注目の成分はルテイン!

抗酸化作用が高く、ブルーライトに有効なんだそうです。




家の中でもしっかり対策を!
家の中は大丈夫と油断していたみなさん。
おうちの中でも日焼けをすることや、
光による肌のダメージを知ると、
ドキっとしてしまいますよね。


いつまでも若々しいお肌を保つために、
日々の対策を欠かさないようにしましょう。




 

コメント投稿

お名前

コメント