店長ブログ

阿左美冷蔵
天然氷というものをご存知でしょうか?

氷といえば冷蔵庫で人工的に作るものと考えるのが現代人の考え方でしょうが、
冬になれば気温が下がって自然と水は氷に変わります。
これが昔の人の氷の入手方法でした。
この冬の間にできた氷は冷蔵庫と作るのとは違いだんだんと長い時間をかけてできるもの。空気をたくさん含みかき氷にするととてもソフトでふわふわなものができあがるのです
阿左美冷蔵はこの天然氷のお店。
珍しい天然氷を使ったかき氷は舌触りも絶品で人気があります。
氷のふわふわさだけでなくかけるシロップも
無添加の自家製の品を使うというこだわりっぷり。

2018年までは木曜定休でしたが現在は年中無休で冬季も営業しているとのこと。
さすがに真冬のかき氷は寒いですが一度は食べて欲しい
なかなか口にできない天然のグルメです。

狼煙(のろし)
外観はしゃれた店でもなくごくごく普通のどこにでもあるような
ラーメン屋といったたたずまい。
しかしそこで提供されるラーメンは非常に美味しいこってりとした魚介スープの
とんこつラーメン。
狼煙(のろし)は地元の人の口コミでじわじわと人気が出て
観光客だけでなく埼玉県内などからもたくさんの人が訪れる店です。

とんこつラーメンも美味しいですがここ数年流行りが続いている
つけめんも美味しいので訪れたときは是非食べてみていただきたい埼玉グルメ。

基本的に埼玉はあっさりとした煮干しベースのつゆが多い中
こってり系のスープで出しているのも人気の秘密なのでしょう。
麺は極太のストレートでひときわ黄色が強く、
ひと目で美味しいのがわかるビジュアルをしているのが特徴です。

伝統グルメ
狭山茶
日本茶の産地で有名な静岡・宇治と並んで
日本三茶の中のひとつとして数えられるのが埼玉の狭山茶です。
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」
古くからこのように謳われもてはやされた狭山茶は
お茶好きな人ならもらって嬉しいお土産グルメ。
この美味しいお茶ができる秘密は
収穫される茶葉の質の良さと伝統の焙煎方法の両方によるもの。
江戸時代からずっと続けられているこの焙煎方法が
甘く香り高い日本茶を現代に伝え続けています。

昔からある特産物を利用した名産やそのアレンジ。
埼玉に新しい風を吹かせようと工夫され作られたニューカマーまで
いろいろなものが楽しめるのが埼玉グルメの特徴です。
 
 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

アダルトブログランキング
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 
埼玉県には、県民だけが感じているあるあるがあります。
他県の人にはあまりわからないものですが、埼玉県民が納得できることも多いはず!
今回は、埼玉県民が共感すること間違いなしの、埼玉あるあるをご紹介。
埼玉県民もそうでない方も、あるあるネタでお楽しみください!

わたぼくコーヒー
埼玉のご当地ドリンクのひとつである、「わたぼくコーヒー」。
埼玉県民なら誰もが知っているコーヒードリンクで、
森乳業と言う会社から販売されています。
1992年の発売以来、埼玉で大人気!キャラクターの「わたし」さんと「ぼく」さんは、
みなさんご存知の通り小学5年生の元気な子供たちですね。

山田うどん食堂
埼玉県民ソウルフードと言えば、「山田うどん食堂」。
埼玉県民にはよく知られているうどん屋で、県内でチェーンも展開しています。
埼玉県民は、全国に山田うどんがあると信じて疑わない。
「早い、安い、うまい、腹いっぱい!」がモットーのお店で、
週に1回は通ってしまうのが埼玉県民です。

秩父は県外扱いされている
埼玉の秘境と言われる秩父市。
埼玉県民の間では、秩父市は別物扱いされています。
秩父は埼玉の秘境!安易に踏み込めない未開の地なのです。 
でも長瀞渓の川下りは、みんな意外と好き。

机の列の呼び方
埼玉県で学校の机の列を数える時は、
1列2列ではなく、一の川、二の川・・・。教室には川が流れているの?

クレヨンしんちゃんは埼玉の誇り
埼玉県のスターと言えば、やっぱり「クレヨンしんちゃん」。
春日部などの地名を、「クレヨンしんちゃん」で知った他県民も多いようです。
しんちゃんは埼玉の誇り。埼玉の大スター!
他に思いつかないくらいのスターです。

いかがでしたでしょうか。
今回は、埼玉県のあるあるについてご紹介しました。
埼玉県民のあるあるは、地元民がみても納得のものばかり!
他県民の人は、埼玉県のあるあるをぜひ知ってから、埼玉県を訪れてみてください。
 
 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

アダルトブログランキング
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽