店長ブログ

まず体脂肪率25%は肥満なの?ということですが、25%なら女性は標準で男性だと肥満ぎみです!
 
性別ごとの体脂肪率による肥満の判定基準は、以下の表のようになっています。
 
 
体脂肪率の判定
男性
女性

低い
〜10%未満
〜20%未満

標準
10〜15%未満
20〜30%未満

やや高い
20〜25%未満
30〜35%未満

高い
25%以上
35%以上

このように男性は25%だと肥満なのですが、女性だと標準体系の真ん中で健康的。
 
女性のほうが標準範囲は高いので、男性に比べると気を付ける必要性が低いのです。
 
男性の場合は肥満の範囲ではありますが、まだまだ改善がしやすい範囲。
食事や運動を心がけることで標準体型に戻すことは難しくありません。
 
具体的な食事や運動の方法は、このあと解説していきますね。
 
体脂肪率は低いのも健康に悪影響
「体脂肪率は低いほうがいい」と思っていた人が多いのではないでしょうか?
 
肥満はもちろん気にするべきですが、逆に体脂肪率が低いのも健康に悪影響です!
 
体脂肪には、以下2つの働きがあります。
 
ホルモンの分泌
エネルギーを蓄える働き
 
そのため体脂肪率が少ないと、ホルモンの分泌が減る・エネルギーが足りず疲れやすくなるといった症状が出てきます。
 
特に女性の場合、ホルモンの分泌は月経の維持や妊娠・出産に関わるので非常に重要。
もし女性ホルモンの分泌が少ないとホルモンバランスが崩れ、生理が遅れる・自律神経失調症といった問題が発生してしまいます!
 
男性の場合も、エネルギーが湧かず疲れやすい・体調を崩しやすいといった問題があるので体脂肪率が低いのはよくありません。
 
女性は特にダイエットを行う人が多いですが、肥満ではない場合のダイエットは危険なのでやめましょう。
 
体脂肪率が低いのも体によくないので、男性は10%・女性は20%以上の体脂肪は必要です。
 
体脂肪率だけでなく骨格筋率もチェックしよう
ここまで体脂肪率のことを解説してきましたが、体型維持には骨格筋率も重要。
 
また、体脂肪率とならんでBMI値についてもよく言われますが、BMI値はそれほど気にする必要はありません。
 
ここからは骨格筋率とBMI値について詳しく解説していきます。
 
骨格筋率は代謝に影響
骨格筋率は代謝に影響するため、ダイエットや健康管理において重要です。
 
骨格筋とは、一般的に筋肉として知られているもの。つまり骨格筋率とは、体の筋肉の割合を示す数値といえます。
 
骨格筋はエネルギーを生み出すという働きを持っているため、骨格筋率が高まると基礎代謝が増加。基礎代謝が上がれば消費カロリーが増えるので、太りにくく痩せやすい体を作れます。
 
男女別の骨格筋率の目安を以下の表にまとめました。
 
骨格筋率
男性
女性

低い
5.0~32.8%
5.0~25.8%

標準
32.9~35.7%
25.9%~27.9%

やや高い
35.8~37.3%
28.0%~29.0%

高い
37.4~60.0%
29.1~60.0%

 
最後に
 
体脂肪25%なら女性は標準、男性は肥満気味
体脂肪が少ないのも体によくない
骨格筋率も重要だが、BMI値は気にしなくていい
体型維持のために食事や運動、睡眠に気を付ける
 
体脂肪率25%なら女性の場合は気にする必要がありませんが、男性は少しダイエットが必要。
 
しかしやや肥満といったレベルなので、ダイエットで標準体型に持っていくことは難しくありません。
 
今回の内容も参考に生活習慣を見直し、健康的な体型維持を目指してみてくださいね。


 

 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

アダルトブログランキング
 
風俗のブログランキングへ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽