店長ブログ

7月☆彡モテの共通

2020/07/01 10:26:46|コメント:0件

モテの共通部分


自己肯定感の高い女性

・・・?


自己肯定感とは?

 
 
☆見てくれてる方はポチの応援お願いします☆
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


アダルトブログランキング
 
風俗のブログランキングへ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 

 

自己肯定感が高いとはどんな状態なのでしょう。

簡潔に言うと「自分には価値がある」と
自分で認知している状態。

自分自身を肯定できている場合に
この言葉が当てはまるわけです。

では自己肯定感が高いとどんなことが起きるのか、
自己肯定感が高い人の特徴をご紹介。



(1) 失敗を恐れない

断言されるみたい。
自己肯定感が高いことは
自分にとって良いことしかありません、と。


例えば、何か失敗したとしても
自分を過剰に責めすぎることがなく、
失敗を次に活かすことが出来ます。

自分で自分を信頼している状態なので、
そんなこともあるさ!と切り替えられるのです。
失敗を恐れずに行動できることは人生の強みになります。


(2) 何事もチャレンジ出来る

失敗を恐れないということは、
何事も積極的にチャレンジが出来ますよね。

失敗したらどうしようと必要以上に
未来を心配しませんから。

チャレンジ精神が高いと、
自分をどんどん理解し高めていくことが出来ます。

また基本的にポジティブシンキングになるので
精神衛生的に最適な状態を維持することが可能なのです。



(3) 自分を自分で評価出来る

自分と他人を比べて落ち込むことってありませんか?
どうしても隣の芝生は青く見えるものです。

ただ自己肯定感が高い人は、
自分の評価を誰かに依存せずに下すことが出来るので、
他人と自分を比べることがなくなります。

自分は自分、他人は他人とはっきりとした
線引きをすることが出来るのです。



(4) 他人に優しくできる

自分と他人を比べることがないと、
対抗意識がなくなるので誰に対しても
優しく出来ます。

妬みやひがみなどの嫌な
感情を抱えずに済むわけです。

時にライバル心は必要ですが、
自分が苦しくなるほどに持つ必要はありません。

自分が頑張るための良い刺激として
捉えることが大切なのです。

自分を正しく評価することは、
相手を正しく評価することにも繋がるのです。

相手の良い所を見つけ、素直にすごいね!って
言える人は魅力的ですよね。



自己肯定感を高めるためにどうすればいいのか?



(1) 長所と短所を知る

まずは自分の長所と短所を考え
自己分析をしてみましょう。

次に短所を長所に言いかえることが
可能かどうか考えてみてください。

もし言い換えられるのであれば
短所もあなたの長所になります。

これ実は心理学的にはリフレーミングという
手法になります。

例えば「優柔不断」は「優しさ」の裏返し、
「頑固」は「意思が強い」と言いかえられます。

自分のウィークポイントをチャームポイントに変換しましょう。



(2) 失敗は成功のもと

リフレーミングは日常のアクシデントにも応用出来ます。

極端な話ですが失敗を成功と
捉えることも可能なのです。

仕事でミスをしたとします。
あなたはどう捉えますか?
人間ですからやっぱり落ち込みますよね。

でも失敗は素直に謝ればいいし、
次に活かせば良いのです。

ミスをしたことはショックですが、
ミスからしか学べないことも沢山あるのです。


(3) 成功を繰り返し体験する

失敗を成功と考えられるようになれば、
成功体験として自分の脳裏にインプットされます。

成功体験は自信に繋がり、
自己肯定感を高める手助けとなります。

ですから、小さな成功体験を積み重ねましょう。

「朝少し早起き出来た」「今月は少し節約できた」など
小さなことで良いのです。

小さな成功を繰り返し、自分はできるんだ!
という自信を持ちましょう。



(4) ありのままの自分を褒める

成功体験を体感できるようになったら、
めいっぱい自分を褒めましょう。

それが自分を受け入れるということです。


自信過剰は時に嫌われる要素になりますが、
それは実力と自信が伴っていないのを
見透かされてしまっているからです。

行き過ぎた自信でなければ、
持ち合わせているに越したことはありません。

その日ベッドに入る時に、
今日も一日頑張ったと自分を褒めてあげましょう。

自分を褒めてあげられれば明日を頑張る活力となります。



誰かに愛されるためには、まず自分を愛すること

モテる女性になるには自分自身が
魅力的な女性になることが大前提です。

相手に好かれる前にまずは自分を
愛してあげることが大切です。

反省は大切ですが過剰に自分を
否定しすぎてはいけません。

自分を認めて、受け止めましょう。




今日も1日頑張りましょう!